Skip to content

無線

Open Tech Pressにて『ワイヤレスUSB:米国で発売 PCのケーブル不要に』という記事がありました。

米IOGEARは8月4日(米国時間)、パソコンと周辺機器を無線で結ぶ「ワイヤレスUSB」のハブとアダプターを発売した。従来の「USB」を改良した新しい技術で、米国では製品が登場しはじめた。

ワイヤレスUSBはパソコンとプリンター、デジタルカメラなどを無線で接続する技術。通信速度は3メートル以内なら最大480Mbps、10メートルでも 110Mbpsで、ブルートゥース(最大1Mbps)より大幅に速い。目障りなケーブルが不要になるため、普及が期待されている。

ハブの側の端子にプリンターなどを接続。一方、アダプターをパソコンのUSB端子に差し込めば、無線でデータを送受信できる。価格はセットで 199.95ドル。米国では他のメーカーも年内に発売予定。米Dellなどは、ノートパソコンにワイヤレスUSB機能を内蔵させる計画だ。

ワイヤレスUSBって、話は聞いてはいましたが、もう販売しているんですね。

現時点ではUSBハブからPCまでがワイヤレスっていうのは妥当な線でしょうけど、この先うっかり普及したりしたら、プリンタとかがワイヤレスUSBアダプタを内蔵したり、デジカメも内蔵したり、携帯電話も内蔵しちゃったりして、ほんとにもう電源とディスプレイ以外はワイヤレスとかになるのでしょうか。むしろとっとと普及して、いちいちレシーバをブッ刺さなくてもいいようになればいいなぁとかなんとか思っておりますよ、アタクシ。

でもなぁ、電源の供給はどうなんだろ。やっぱり無理だよな。いやいやそれでも配線とか気にしなくていいのは楽だよな。あ、そもそもアタクシはプリンタとか使わないから、あまり恩恵は受けないのか。ガッデム。

私の戯言はどうでも良いのですが、この技術が実際にどのように使われていくのかは興味がありますね。