文字と図形のギリギリライン

マイコミジャーナルにて『DEX、平野甲賀氏デザインの描き文字フォント「コウガグロテスク」を発売』という記事がありました。

デザインエクスチェンジは、同社が運営するデザインのポータルサイトDEX WEBで、装丁家の平野甲賀氏がデザインしたフォント「コウガグロテスク 仮名フォント」と「コウガグロテスク06 漢字篇」の取り扱いを開始した。ともにパッケージ版とダウンロード版がある。 

平野甲賀氏の文字は毎回作っている筈だからこういうフォントにはできないだろうと思っていたのですが、いやはややっちゃいましたねぇ。仮名フォントの方は見たことありますが、漢字の方はまだ見ていないので見てみたいです。が、6万円は出せないなぁ・・・。

「文字と図形のギリギリライン」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。