Skip to content

零点エネルギー銃よりランサーアサルトライフル、ていうかチェーンソー

4gamer.netにて『ついに日本上陸した「Gears of War 2」の直撮りプレイムービーを掲載』という記事がありました。

今回4Gamerでは,そんな本作の直撮りプレイムービーを掲載。本作の重厚な雰囲気やゲームの流れをより正確にお伝えするために,冒頭のデモシーンからゲームシーンまでを丸ごと収録してみた。

11分20秒と,かなりの長めの今回のプレイムービーだが,世界中のゲーマー達を熱狂させた大作「Gears of War 2」の魅力が一目で分かる内容になっているので,Xbox 360ユーザーならぜひチェックしておいてほしい。

訳あって、っていうかズバリお金がなくて未だ買えていないGears of War 2なのですが、まったく、こんなの見せられたら欲しくてしょうがない病が再発するではないですか。いやいやでも待て、Half-Life 2だって未だクリアしていないじゃないか、自分。Episode 1や2は兎も角、せめて2くらいはクリアしてからchainsaw duelをやろうじゃないか、自分。

前にも書きましたが、隠れる動作と狙いを付ける動作がそれぞれシステムに組み込まれているGears of Warは、シューター下手の私でも割とすんなり遊べたというところが大変好印象なのです。事実、まともにクリアしたシューターはGears of Warが初めてだと思いますし。

オンラインでも遊びたいなとは常々思っているのですが、なにせ「足を引っ張る係」にしかなれない腕前としては、やはり腰が引けてしまうんですよね。でも、アレはアレでとても面白かったしなぁ。

いやだからその前にゴードン・フリーマン博士をなんとかしてやれよ自分。