Skip to content

download sound and distribute it to the world.

DIGITAL STUDIO “WHAT’S NEW?”という音楽制作チームがあります。

私、最近Podcastを多めに聞くようになってきてしまいました。ハマったきっかけは『Web R@dio Station“くりらじ”』の、今は終了してしまった『くりらじテクノロジーニュース』という番組です。

それから、このくりらじという集団が配信するPodcastをあれこれ聞くようになったのですが、いくつかの番組に参加している鐵尾一郎さんという音楽関係の仕事をされている方の喋りが聞いていて楽しかったのですね。なんというかエンターテインメント性溢れる弱腰姿勢とでも言いましょうか、笑いを誘う明るいネガティブと言いましょうか、いやもうちっとも褒め言葉になってませんが、私としては楽しいのですよ、これが。

で、その鐵尾さんが代表(Podcastを聞く限り、ご本人は「言い出しっぺ」と頑に主張してますが)を務める音楽制作チームが、冒頭に紹介したDIGITAL STUDIO “WHAT’S NEW?”なのです。

って、ここまで書いといて何ですが、私は何の関係もないリスナーですよ。全く面識がないし。

閑話休題。上記WHAT’S NEWにて鐵尾さんの作った楽曲『49dayz』というのがありまして、Podcastで何となく聞いて、何となく気に入って、何となくダウンロードしに行った際に、この曲についての文章を読みました。以下、引用。

2007年年明け早々、20年間音沙汰の無かった父が亡くなった連絡を受けました。これが前厄の始まりだったのでしょう。

お骨を引き取ってからずっと誰かに見られているような視線を感じていました。しばらく経ったある日、胸苦しくて目を覚ますと父が頭の上を3回転半して壁に消えました。調べてみると四十九日から6日後だという事が判り、本当に「仏教では死者は7x7週間この世を彷徨う」のだと体感しました。
それからは以前感じていた視線も感じなくなり、ちょうど出来ていた曲に出来事をそのまま英語に訳した歌詞をあてはめました。

この文章を読んで、私個人としては49dayzという音楽が更に気に入ったのです。まぁ、こういうのは人それぞれでしょうから、読んだせいで冷めてしまう方もいるかもしれません。が、私は気に入ったのです。

DIGITAL STUDIO “WHAT’S NEW?”は楽曲を無料で配信しており、代わりに寄付を受け付けるというやり方なのだそうです。給料も入る事ですし、私も検討してみます。寄付、というより、対価を支払う、という感覚ですかね。

まとまらない文章ですが、取り敢えず思た事を書きたかったので(笑)

2 Comments