まずは自宅のマシンでチェックチェック

VF5FSも、やっとこさ一級までいきました。まぁ、初段までは遊んでいれば確実に昇格するものなので、つまりこれは私があまり遊んでいないという事なんですけどね、ちくしょう。

で、今日はEmacsのお話。なにやらEmacs 24.1がリリースされたとかなんとかという事なので、私も試してみました。とは言っても、ソースコードからビルドするようなツワモノではないので、Mac用のソレをダウンロードした訳ですが。

私の環境においては、.emacs.d/init.elファイルをほとんど変更しないで大丈夫でした。変更した点は、

(menu-bar-mode nil)を(menu-bar-mode 0)に

(tool-bar-mode nil)を(menu-bar-mode 0)に

(scroll-bar-mode nil)を(menu-bar-mode 0)に

という細かいところです。もしかして、今までこの設定は効いていなかったのか?

あと、Macでもline-spacingがマトモに動作するようになってくれました。これまでは行間を設定するとモードラインやエコー領域のテキストにも反映され、しかしモードラインやエコー領域自体の行の高さは一定のままだったのでテキストの下部が隠れてしまっていたのですが、24.1では行間設定は反映されなくなっているようです。おかげで行間を広めにとってもモードラインやエコー領域が見づらくなる事も無く、行間キツキツのエディタ環境からオサラバできました。まぁ、キツキツでも何とかなっていましたけどね。