Skip to content

モバイルじゃないほうだよ

Mortal Kombat Xを買ってしまいました。そうです、またMKです。まだまだMKやってます。どうも、shingoyonedaです。

さて、例によってキャラ選びですが、私としてはMK9で格好良かったNoob Saibotか、鮮やかな黄色が印象深いCyraxを使いたかったのですが、よく見てみたら両者ともにMKXには参戦していません。じゃ、ま、解りやすそうなキャラにしようということで、人気キャラのひとりであるScorpionを触ってみました。えっ、なんだ? バリエーション?

そう、今作MKXは、キャラ選択時に3種類のバリエーションからひとつを選ぶ必要があります。このバリエーション選択によって、必殺技はもちろん連携技や通常技まで変化することもありますScorpionのバリエーションはNinjitsu、Hellfire、Infernoとなっており、Ninjitsuは(忍術ではなく)剣術主体、Hellfireは火炎の必殺技が使用でき、Infernoは地獄の下僕を使役する、というようなファイトスタイルになるのです。これ、思ったより変化がありまして、KitanaのバリエーションのひとつであるMournfulを選択すると、今作は不参戦のJadeっぽい必殺技を使ったりします。また、新キャラであるTakeda(名前です。Takeda Takahashiです)は金属の鞭を使うのですが、RONINバリエーションだとパルスブレードというエネルギー剣を振り回すようになったりします。

デフォルトキャラクターが、ええと、24人で、それぞれ3種類のバリエーションだから、72種類のファイトスタイル・・・。これにDLCキャラが5キャラいるから足すことの15スタイル・・・。多すぎです。正直、ちっとも嬉しくない悲鳴が出るくらいに多すぎです。対戦ゲームとしてどこまで成り立っているのか心配になる物量です。まぁ、当たり前の話ながら完全バランスはないにしても、海外の大会動画とか見る限りは、強すぎるキャラは今のところいないみたいです。

キャラ多すぎとかフェイタリティーがあまり笑えないとか、微妙に感じるところも少々ありますが、ゲームとしては面白いと思います。MK9を初めて遊んだときに「あれ、MKなのに面白いんじゃない? コレ」と思いましたが、今作MKXでもそんな感じです。好き嫌いはあれど、割ときちんと対戦格闘ゲームになっているように思えますね。

や、まぁ、日本という環境においてMKXを勧めるか? と問われれば勧めないとは思いますが、MKシリーズが好きだったり興味があったりするなら、モノとしてのデキは良いと思います。