Emacs Wanderlustメモ

詳細はマニュアルをご確認ください。

コマンド

操作 コマンド
スレッドの開閉 サマリモードで/
メールの返信 サマリモードでa
引用付き返信 サマリモードでA
ファイル添付 ドラフトバッファでC-c C-x C-i
添付ファイルの保存 メッセージバッファでe
サーバへの接続・切断の切り替え M-t
パスワードの保存 M-x elmo-passwd-alist-save
ローカルキャッシュのクリア M-x elmo-cache-expire-by-size

サマリモードで送信元ではなく宛先を表示する

.wlに以下の設定をします。

(setq wl-summary-showto-folder-regexp "^\\%INBOX\\.Sent$")

引用符内は宛先を表示させたいメッセージボックスを指定します。この例ではiCloudの送信済みフォルダを指定しています。

メールの検索

サマリモードでVを入力するとメールを検索できます。ただ、shingoyonedaが確認したところでは、日本語(マルチバイト文字全般?)での検索がうまくいきませんでした。IMAPだからかなぁ? 未確認ですがPOPでメールを受信していれば問題ないと思います。また、英数字(ASCII文字?)だと検索してくれましたので、以下に手順を記述します。

まずは検索対象フィールドを指定します。

Value for 'Body': 

デフォルトではBodyフィールドを対象とします。

検索対象フィールドを指定したら、検索パターンを入力して検索します。

検索対象フィールドには以下のようなものが指定できます。

フィールド 動作
From Fromフィールドに[パターン]がある
To Toフィールドに[パターン]がある
Cc Ccフィールドに[パターン]がある
ToCc ToフィールドとCc: フィールドに[パターン]がある
Subject Subjectフィールドに[パターン]がある
Body 本文中に[パターン]がある

フィールド指定の際の冒頭に!を付加すると、「マッチしない」条件の検索になります。

例)
!From
※From: フィールドの内容が[パターン]にマッチしないものを検索