Googleのツール 其の弐

ここ数日いろいろやってみた結果、取り敢えずはlivedoorとGoogleの二刀流で行こうと思いました。

無難に携帯電話からアクセスできるlivedoor Readerと、それとの連携が便利なlivedoor Clipは矢張り外せなく、しかしながらGMailとGoogle Calenderの使い勝手も捨て難いという事で、個人的には一本化できないのが残念ですが、まぁベターな選択ではないでしょうか。今後、Googleのツールがどうなるかにもよりますが、暫くはこの体制でやってみようと思います。

それに伴い、以下のように設定してみました。

  1. スケジュールはGoogle Calenderで管理。それをiBookのCalでWebカレンダーとして読み込み、iPodに同期。
  2. プラベートなメールはGMailでスパムやウィルスを弾いてからlivedoor Mailに転送。これによりバックアップと携帯からメール確認を可能とさせる。
  3. ISPのメールアドレスはlivedoor Mailで受信。こちらの方にGayoのお知らせメール等の取り立てて重要でないメールを受信させる。
  4. RSSリーダとオンラインブックマークはlivedoor Readerとlivedoor Clipを利用する。恒常的に利用しそうなものだけGoogleでブックマーク。

ああ、なんというか、これ、自分メモですな。

Googleのツール

夏頃からlivedoor Readerを愛用していたのですが、2007年になった事だし(何のこっちゃ)、Google Readerを試してみる事にしました。っていうか、メールもカレンダーもGoogleのツールで済ませてしまうことが出来るか試している訳なのですが。

数日ほど利用してみて、色々思った点を以下に列挙します。

先ずはGoogleの各種ツールから。

  1. GMailが便利。動作も機敏だし本文冒頭も一覧できるのが嬉しい。迷惑メールフィルタも優秀。
  2. Google CalendarのデータをMacのiCalでWebカレンダーとして同期させられるのはマル。おかげでiPodのカレンダーにも反映させられる。
  3. Google Readerは複数のサイトのフィードをまとめて閲覧できるのが楽。但し、自分の環境では稀にウンともスンとも言わなくなる事あり。単に処理に時間がかかっているのだろうが、割と不安。
  4. かつては使い道が解らなかったパーソナライズド ホームページが使いやすくなった。To Doリスト等もパーツも面白い。

続いてlivedoorのツールについて。

  1. やはりlivedoor Readerの使い勝手は良いと思う。後で読む為のピン機能やlivedoor Clipとの連携等は大変快適。
  2. livedoor Readerやlivedoor Clipを快適に使える分、livedoor Mailやlivedoor Calenderの操作性が気になる。決して不親切ではないのだが、便利という感想を持つ事もない。
  3. 何においても携帯電話からフツーに使えるのが良い。携帯からのカレンダー利用は有料とあるのだが、メールもRSSリーダも多少の不自由はあれど問題は少ないだろう。

とまぁ、こんな感じなのです。

概ね、Googleのツールは痒い所に手が届く感じなのですが、携帯から満足に使えないだろう一点のみのせいで、完全移行には至らない感じです。これってauの携帯なら使えるのでしょうかね? いやいや、だからといってそれだけの為にキャリア変更するというのも・・・するかもなぁ。

あ、Yahoo! JapanのMy Yahoo! とかでも良いのではないだろうか。今度試してみます。

軍艦島が観光地になる、かも

Garbagenews.comにて『長崎の軍艦島、観光地として来春から解放』という記事がありました。

【NHK】が 報じたところによると、かつて炭鉱の島として用いられ現在は無人島として立ち入りが制限されている長崎県の軍艦島が、近代産業の遺産地として注目を集めて いるため、長崎市では観光地として活用する方針を固めた。さん橋や遊歩道を整備し、早ければ2008年の春から観光客が上陸できるようになるという。

予てより軍艦島(正式島名端島)へは一度でいいから行ってみたいと思っていただけに、このニュースは嬉しい限りです。

廃墟って好きなんですよ。かつてそこで人が生活していた跡が見えると尚良いです。とは言え、現実的には廃墟にはなかなか入れませんよね。誰かの所有だとすれば不法侵入ですし、迂闊に廃墟探索などしたら近隣の方々に要らぬ迷惑をかけてしまうかもしれません。だから、こういった観光地化は個人的には歓迎です。

欲を言えば、あまり奇麗に整備して欲しくはないのですが、まぁ、そこは安全性とのバランスですしね。それなりに汚いのと奇麗なのの同居という事で満足しないといけません。

ッテイウカ廃墟ナンダカラ危険ナノハ当タリ前ダシ怪我スルヨウナ散策シトイテ文句言ッテンジャネェヨなんでもありません戯言です。

ガチャフォース

新年早々、自宅でガチャフォースを発掘しました。

もう3年も前のゲームですからご存じない方も居られるやも知れませんが、端的に言ってしまえば“アドリブ重視の連邦vsジオン”というか、“おおらかなバランスの連合vsZAFT”というか、そんな感じの作品で、家庭用なのを良い事に開発者がやりたい放題やってる感がとても好印象の、愉快痛快ロボット(っていうか最早ロボットとかどうでもいいし)アクションゲームなのです。

大変面白いゲームなのですが、現在では著しく入手難らしく、迂闊に人に勧めてもGFコマンダーになってくれるかどうか微妙なのが悔やまれます。

それでも遊ぶ機会があったのなら、是非試してみて下さい。