そして帰宅

はい、只今帰ってまいりました。

まぁ、実際には徹夜にはならず、仕事自体も大変順調に進みましたので大して疲労はしなかったのですが、 やっぱり22時間(仮眠含む)も仕事場に居るのは結構しんどかったです。

あと、明日の仕事が終われば年内の仕事は終わりです、っていうか、明日の仕事は年明けまでなんだけど、「2006年12月31日深夜27時」って事で。

年末仕事

今日は、仕事済ませた後に19時より同窓会に出席と言う予定でした。

ところが、2週間程前に予定が変更になり、19時より同窓会に出席の後、22時より仕事となってしまいました 。

・・・徹夜だよ・・・。

パスワードの強度をチェック

思う所があって、自分が使用している各種パスワードの強度はどの程度のものなのか知りたくなりMicrosoft『パスワード チェッカー』でテストしてみました。

結果、強度は中程度。これはちょっと駄目だろうと思い、やはりMicrosoftの『個人情報を強力なパスワードで保護する』を参考に良さげなパスワードを作ってみる事にしました。

強力なパスワードは、攻撃者にとってランダムな文字列に見える必要があります。 次の条件を満たせば、パスワードを強力にすることができます。長くします。パスワードに文字が1つ加われば、それだけパスワードの保護の力は何倍にも強化されます。パスワードの長さは8文字以上が望ましく、理想は14文字以上です。

文字、数字、記号を組み合わせます。パスワードに含める文字の種類を増やせば、それだけそのパスワードを推測することが困難になります。その他の重要な点として、次のことが挙げられます。

  • パスワードに含める文字の種類が少ない場合は、パスワードを長くする必要があります。ランダムな文字と数字だけで構成された15文字のパスワードは、キーボードから入力できるあらゆる文字から構成された8文字のパスワードよりも約33,000倍強力です。記号を含むパスワードを作成できない場合、同程度の保護を実現するためには、パスワードをかなり長くする必要があります。理想的なパスワードは、長さとさまざまな種類の記号という両方の要素が組み合わさったものです。
  • キーボードから入力できるあらゆる文字を使用し、一般的によく使われる文字だけに限定しないようにします。Shiftキーを押しながら数字キーを押して入力する記号類は、パスワードでよく利用されます。句読点のようなキーボードの上段にない記号や、ユーザーの母国語に特有の記号など、キーボードから入力できるすべての記号から文字を選択すると、パスワードはより強力になります。

記号を利用できたら強固にはなるでしょうが、私の利用しているサービスでは記号が利用できない場合もある(例えばlivedoorは英数字とアンダースコアのみと書かれていました)ので、長くする方向で作るのが良いのではないでしょうか。あと色々と実験していて気づいたのが、英字でも大文字と小文字を混ぜると強度が跳ね上がった事です。ああ、確かに言われてみれば成る程なぁと思いましたが、個人的には割と盲点でしたのでメモっときます。

自分では覚えやすく他人が推測するのは難しい単語やフレーズを使用します。パスワードやパスフレーズを覚えるには、書き留めるのが一番簡単な方法です。世間一般で考えられているのとは逆に、パスワードを書き留める行為は別に間違ったことではありません。ただし、安全性と効果を維持するためには適切に保護する必要があります。

この点もついうっかり忘れてしまう事があります。紙に書き留める事が問題なのでは無く、その紙の管理が迂闊なのがマズいという事ですね。付箋紙に書き留めてモニタに貼付けるのは駄目ですが、金庫と言わないまでも大切に保管しておけば比較的安全という事でしょうか。人に説明する時も、この点は正確に説明しなければと思いました。

そんなこんなでなんとか14文字以上で強度の高く且つ憶えられるパスワードを作る事が出来ました。セキュリティに気を配っている方にしてみればこんな話は当たり前でしょうが、Web上で色々な事が出来る昨今、基礎を知るという事で調べてみましたが、いやはや勉強になりました。

ちなみに、折角作った長いパスワードですが、livedoorでは12文字までとなっているので使えませんでした。あ〜あ。

おめでとうコール

Impress ケータイ Watchにて『ネプロ調査、大晦日の「おめでとうメール」は4割が「送る」』という記事がありました。

ネプロジャパン子会社のネプロアイティは、携帯電話関連のアンケート調査「モバイルレポート」で、携帯電話で送る年賀状について調査した。アンケートは 12月7日8日の両日に実施され、有効回答者数は4,054人で、属性は、男女比が41:59、19才以下が3%、20代が37%、30代が43%、40 代以上が17%。

調査の結果、携帯電話のグリーティングメールサービスを利用したことがあるユーザーは47%。携帯電話で年賀状を送ろうと思うかについては、 「送る」が37%、このうち自分から送るユーザーは27%となった。送る相手は、友だちや恋人など、対等なつきあいの相手にに送る傾向が見られるという。

また、携帯電話事業者各社は、大晦日深夜から元旦にかけて、年末年始の「おめでとうコール」の自粛を呼びかけているが、アンケートの結果、自粛中にメールを送る可能性がある人は全体の40%を占めた。ピークタイムをずらして送ると回答したユーザーは18%だった。

個人的には、この深夜から元旦にかけてのおめでとうコールは、下らないと思っています。あっても無くても人生に影響するとは思われず、出来れば止めてと言われている事をやってしまうという事に少々違和感を感じてしまうのです。

まぁ、一概に決めつけるわけにはいかないでしょう。もしかしたら、それこそ人生に影響を及ぼす程のとても重要な事として捉えている人も居るかもしれません。そこまで重大でないにしても、携帯電話に頼らざるを得ない状況というのも確実にある事でしょう。 とは言え、やはり大抵の場合には大事な事だとは思えないというのが、偽りの無い感想です。

念の為付け加えますが、重要度の低い用件が重要度の高い用件にまで影響を及ぼしてしまうのではないか、という事に対して発言しています。もしかしたら、人命に関わるような事で連絡を取らねばならない事が発生するかもしれない(事件や事故は時期を選んでくれませんから)のに、連絡が取れない事があったらヤだなぁ、というだけの事です。

流石に毎年発生する混雑でしょうから、携帯電話事業者だって対策はとっているでしょうし、以前に比べれば連絡を取り辛いという事も少ないのかもしれませんが、それでも控えた方が宜しいのではないかなと思う訳です。

こんな事を思うのは、私が正月元日というものを“カレンダーを取り替える日”くらいにしか思っていないと言う事に起因しているのではないか、とは思います。

ええもうみんなハッピーにはしゃげばいいんだ俺なんか仕事だし友達少ないしみんなから嫌われてるしムキー。

E61

とうとうNokia E61が発売されたみたいですね。

『SIM ロックフリーの「Nokia E61」スタンダードバージョン、出荷開始』japan.internet.com

『ノキア・ジャパン、スマートフォン『Nokia E61 スタンダード・バージョン』の国内発売を開始』 – ASCII24 – 携帯24

『ノキア、フルキーボード搭載のE61を販売開始』ケータイ Watch

『ノキア、SIMロックフリーの「E61」を25日から発売』ITmedia +D モバイル

『ノキア、無線LAN搭載のスマートフォン「Nokia E61」の国内出荷を開始』- RBB TODAY

うわ、面白がって列挙したら随分取り上げられてますね。私が当たった範囲でコレですから、結構注目されているのではないでしょうか。あ、なんか凄く今更な事を言ってしまいましたか。

う〜ん、欲しいっちゃ欲しいけど、5まんえんですか。かなりキツイです。いろいろ面白そうではありますが、残念ながらこれはパスですかね。

ところで、705NKはまだですか?