たまご・たまご・たまご

デジタルARENAにて『BIGLOBEストリーム、たまごかけごはんの魅力に迫る映像を配信』という記事がありました。

「BIGLOBE」では、たまごかけごはんの特集ページ『たまご×(カケ)ごはんの誘惑』を開設し、BIGLOBEストリームにて10月に開催された「日本たまごかけごはんシンポジウム」の映像配信を開始した。

シンポジウム、ですか。

確かに食べるか食べないかで言えば食べますが。

確かに好きか嫌いかで言えば好きですが。

特集を組む程のものかと言えば、流石にそこまでやるのはやり過ぎなのではないかと思う訳です。

まぁ、日本たまごかけごはんというくらいですから、いちいち重箱の隅を突いたりせずに、ユーモアを持って接したい所ではありますが。

あと10日くらい

今日、前の仕事場へ顔を出した際、友人が来年に行う次のプロジェクトの話をしていました。まぁ、半ば雑談みたいなものだったので、「来年の事言ってると鬼が笑うぜ」と、冗談っぽく終わらせようとしていたのでしょう。話を聞いていた私は、ついうっかり余計な事を言ってしまいまして。

「あと10日くらいで来年ですよね」

来年こそは、余計な口聞いて顰蹙を買わない様に気をつけたいです。

サイキ・・・いえ、ローゼンメイデン

Impress Game Watch『 タイトー、PS2「ローゼンメイデン ゲベートガルテン」限定版特典のオリジナル懐中時計のデザインを公開』という記事がありました。

株式会社タイトーは、2007年3月22日発売予定のプレイステーション 2用ゲームソフト「ローゼンメイデン ゲベートガルテン」の限定版特典「PEACH-PIT先生盤面描き下ろしオリジナル懐中時計」のデザインを公開した。

いや、まぁ、それはそれで大事な発表なのかもしれませんが、出来れば、その、ゲームの画面をですね、バシバシ見せて頂きたいかな、と、そう思うのですが。

こんな感想を抱くのも、以前にGame Watchに掲載されていた記事のスクリーンショットが、結構不安感を煽るようなものだったからなのです。あ、あれですよ、アドベンチャーパートですか、それのスクリーンショットは、まぁ、どうでも良くて、格闘部分のスクリーンショットが大変気になったものでして。ズバリ、コレコレコレなんですが。

『サイキックフォース COMPLETE』ヒドい目にあっておきながら未だにサイキックフォースに弱い私が駄目駄目なのでしょうけど、なんつうか、こう、ほら、もしかしたら面白いかもしれないじゃないですか。だから、限定版特典っていう単なるオマケの話題よりですね、ゲームの内容に関わる事とか知りたい訳ですよ。

・・・やっぱりコレもハズレなのかなぁ・・・。

Opera9.1

あ〜、なんか、Operaバージョンアップしたみたいですねぇ。

以前、仕事でeMacを使用していた際に、Operaを利用していた事もあるのですが、今はFirefoxばっかりです。と言うのも、Operaを快適に使うには横1280ピクセルのモニタが必要なのではないかと個人的には思っていて、現状で私が最も良く使うマシンがiBookで横1024ピクセルまでしか表示できないからです。

メモ機能とかメールクライアントとかそういう機能に素早くアクセスできる、サイドバーというかサイドタブというか、つまりはそういうのを横に表示させた状態でないとOperaの力を存分に発揮させられなさそうで、だけどWebの表示部分も広く取りたいし・・・・・・、という感じで、モニタの表示解像度が低いとどうしてもストレスが溜まってしまうのです。

ブラウザとして、特に不満があった訳ではないだけに、こういった理由で諦めざるを得ないのは残念ですが、何かのおりにマシンを変えた際には是非ともデフォルトブラウザとして使ってみたいですね。

その為にはマシンを買うお金を貯めないと。

もはや砂は関係無い砂時計

Gizmodo Japanにてデジタル砂時計なるものが紹介されていました。

これはデジタル砂時計です。タイマーは100分までセットでき、デジタルな数字でカウントしてくれますが、一方で極めて原始的なつくりの液晶のドットが、どうやら砂が落ちていく様子をバーチャルに表現しているらしく、僕たちをひどく困惑させます。

こういう無駄に阿呆なブツは大好きですね。思わず欲しくなってしまいます。以前に何処かで見た“液晶表示のアナログ時計”とか、そういう感じですか。頑な程の馬鹿さ加減が愛おしい程です。

お値段は$17.95。日本円で¥2,100くらいですか。う〜ん、クリスマスに自分へのご褒美として買う事を検討してみます。